うつ治療を仕事しながら【pressureに負けない】

ウーマン

心の病の治し方

ハート

長く続けることが大事

ストレス社会と言われる現代において、うつ病は15人に1人と言われるほど身近な病気になりました。自分はかからないだろうと決めつけず、かかってしまったらどうすれば良いのか知っておく事はとても大切です。うつは病気ですから、かかったらもちろん治療が必要です。治療方法は大きく分けて3つあります。一つ目は基本ですが「充分な休息」です。仕事だけでなく家事や育児もなるべく休み、身体にも心にも休養を取らせる事が重要なのです。しかし、一時的に休んで症状が改善したからといって完治しないまま復帰してしまうと再発、ぶり返しのリスクがあります。そこで2つ目の治療方法「薬の内服」が必要になります。うつ病にもいくつか種類があり、それによって適切な薬も異なります。専門医の診察を受け、適切な抗鬱剤を処方される事が治癒への近道なのです。そして3つ目の治療方法が「精神療法」です。心理的治療とも呼ばれており、抗鬱剤の投薬と併用する事でうつの再発を予防します。この病気になると物事をポジティブに考えることが難しくなり自分を責めたりします。そこで、医師とのカウンセリングにより否定的な思考をなるべく柔軟な思考に変化させるようにもたらすのです。これらは1つ1つではなく、あくまでも全てを同時進行する事がもっとも大切です。そもそもうつ病とは一体何なのか、意外とその本質は知られていません。人間の脳にはセロトニン、ノルアドレナリン、ドーパミンのような神経伝達物質があります。これらが減少すると意欲が低下したり、物事を楽しめなくなったり、気持ちが落ち込む原因になるのです。そこで、薬による治療が効果を発揮します。抗うつ剤には乱れた神経伝達物質のバランスを整える効果があるためです。この抗うつ剤の処方を受ける為にも専門医の診察は必要不可欠です。しかし、実情は患者の4人に1人しか通院していないというデータがあります。うつ病は適切な治療を受けても治るまで3?6ヶ月の期間を要しますし、60%の患者が2年以内に再発すると言われています。更に厳密に言うと、治るとは言っても医学用語では「寛解」と言うのです。つまりは「症状が落ち着いている状態」です。再発のことまで考えると治療期間はどうしても長くなってしまい、医療費の心配も出てきます。しかし、このような心の病気に対して適用される「自立支援医療」という制度があり、通常であれば3割負担の医療費を1割負担まで減らす事が出来ます。これは、医療費を支払う事が負担になるあまり治療を受けられないという人をなくすための国の取り組みです。うつは根気強い治療が必要になりますので、こういった保証制度を上手く活用していくと良いでしょう。